2018年12月20日

2.Mobile Hospital への挑戦 1996 参与 滝沢 正臣

2.Mobile Hospital への挑戦 1996
1970〜90年代における大気汚染や喫煙者の増加は、結果的に肺がんの増加につながった。従来の肺がん健診は、X線単純写真撮影が主であった。X線写真は、肺結核のような病巣に石灰化を持つ疾患には有効であるが、通常の筋肉組織と同じ特性を持つ肺がんが、単純写真上で識別できるのは、病巣が拡大してからで手遅れになる場合が多い。
これが飛躍的に改善されたのは972年にイギリスで開発されたX線CTスキャナーによるイメージング検査であり、数ミリメートルの病巣を見つけ出せるまでになった。しかしこのような早期の肺がんでは、まったく気づかず病院での検査を受ける機会がない、という事実である。早期肺がんを見つけるためには、病院ではなく、生活している現場近くでCT検査するシステムの開発が必要なことを意味する。
このプロジェクトを実現すべく、総務省(当時の郵政省)に構想を提出したが、幸運にも12億円のプロジェクトが3年計画でスタート (郵政省 通信・放送機構 松本リサーチセンター 信州大学病院内)した。CT検診車の構想は、先行して放射線医学総合研究所で出されていたが、信州大学病院のシステムは、単なるローカルのCT検診だけではなく、画像情報を小型人口衛星アンテナ経由のオンラインで複数の病院に伝送してリアルタイム診断を実施することであった。また、超音波検診車も遠隔検査対象とした。

図2-1. Mobile Hospital
左上:長野市山間地の健診状況
右上:車内のCT検診車(日立製)
健診車と人工衛星をリンクするパラボラアンテナ
左右中:超音波健診車と車内検査状況
下:CT健診車とリンクされたリアルタイム遠隔画像診断システム(曽根医師)
図2-1. Mobile Hospital.jpg
このシステムは肺がんや乳がん検診のみならず、災害発生時に現場に急行して、手術なども含めた診療を行える移動病院を最終目標としてデザインされた。大型トラックの車体に、2週間は燃料補給無しに稼働可能なスパイラルX線CTスキャナー(図2-1)と自家発電システム、通信システムを備えた動く病院が1996年完成、すなわち、Mobile Hospitalと名付けられた。超音波検診車の特長は、超音波動画像を含む、3系統のストリーミング画像を送りリアルタイムの遠隔超音波診療が可能としたことで、特徴的なのは、検査技師が車内で操作する超音波プローブの位置と角度を病院医師が見て、リアルタイムで遠隔指示してイメージングできるシステムとなっていることである。

図2-2. 見つかった早期肺がん(上)の例と2年間の検診の成果
図2-2.png

CT健診実験地域は、山間地域で、病院での検査などにあまり行かない農業地域の住民を主対象とし、希望者は検査無料とした。3年間の実証実験で、延べ29,000名の肺CT検査、約200名の甲状腺、乳房、腹部の超音波検査が行われた。前者では、75名の早期肺がんが発見され、最小の肺がんは4mm(図2-2 赤矢印)であった。病巣はビデオ内視鏡などの処置で容易に除去された。この事実から、肺がんの発生率が全国でも最小グループとされた長野県でも潜在的には多くの患者が存在することが知られた。因みに、病院を受診して発見され、治療した患者と、Mobile Hospitalで発見され治療した患者との2年間での比較では、入院日数が約1/4、治療費が1/2と減少していることがわかる(図2-2 下)。
 Mobil Hospital は1998年の長野オリンピック白馬会場における競技選手の医療支援のためにも利用された。図2-4.はその写真で、最も危険度の高いダウンヒルコースゴール地点直下に車両を設置し、事故が起きた場合に直ちにCT検査を行って画像を超高速通信車(プロジェクトで開発)で信州大学病院に伝送した。実際の稼働は競技期間中1件であった。
この会場では、同時に開発された、中継用超高速衛星通信(Ka帶-19.7GHz〜30GHz)車が中継に使われた。

図2-3. 長野オリンピック ダウンヒル競技(上)コースのゴール地点(白馬国際スキー場)で待機中のMobil Hospital (下奥、手前は、中継用超高速衛星通信車)
図2-3.jpg

posted by CCC21 at 15:23| Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: