2018年11月14日

ネットワークを活用した遠隔医療に関する活動

CCC21 HP用原稿 No.1
参与 滝沢 正臣 

本年、長い間勤務した信州大学病院から、図らずも参与という立場でNPO法人CCC21に関わらせていただくこととなった。考えてみれば中央コリドーとはスタートした時点からの長いおつきあいである。スタートは、20年以上前、高速通信がなかった時代にさかのぼり、長野県内での遠隔医療を実現するため、東京-山梨-松本という中央コリドー地域に沿ったギガビットネットを開設しようとした時点にさかのぼる。

現在、信州大学旭キャンパス内に開設されたラボ(信州地域技術メディカル展開センター キッセイコムテックと信州大学病院第3内科の連携研究室306)に拠点を置き、CCC21分室(医療・福祉関連)として活動することとなったので、これまで行って来たネットワークを活用した遠隔医療に関する活動を連載的に紹介させていただく。

1980年代後半から普及を始めた国立大学病院の電子カルテ構築の流れの中で、信州大学病院の医療情報システムをデザインし、実運用にかかわってきた経験から、個々の病院単位ではなく、病院間での医療情報交換が必要な時代が来ると確信し、長野県内の医療施設を結んだネットワーク構築を考えた。しかし、1990年代初頭ではISDN回線の速度が限界で、当時在籍した信州大学病院放射線科で必要な医用画像の伝送が難しい課題があった。
幸いに、典型的「たこの足大学」である信州大学では、1990年当時、各学部間情報通信インフラ整備にマイクロ波通信を使うことを考え、県中央部の美ヶ原高原山頂(2043m)にある放送局のアンテナを介したシステム(SUNS)で4キャンパス(松本-長野-上田-伊那)を結んだ。チャンネルあたりの通信速度は1.9Mbpsであった。

美ヶ原高原山頂.jpg
図1.1992年に始まった遠隔画像診断
ネットワーク(Teleradiology)
上は美ヶ原高原山頂の中継アンテナ、
下は長野赤十字病院

(実際には美ヶ原高原から直接でなく、
工学部アンテナを経由している)




幸いこの回線が1チャンネル空いていることがわかり、信州大学病院(松本市)と長野赤十字病院放射線科(長野市)とが高速回線でつながった。

1992年より両院間でリアルタイム遠隔画像診断が実施され、核医学画像のオンライン伝送が始まった。この伝送事例の中で、整形外科では経過観察でよいとされた症例が、遠隔画像診断で骨肉腫とわかり緊急手術がおこなわれた、などの有効性が示され、その後、JA佐久総合病院(当時)などとの長野県内画像診断ネットワーク実現につながった。
posted by CCC21 at 15:17| Comment(0) | 活動報告

2018年11月01日

多言語翻訳・生涯学習・ドローン セミナー開催予定

NPO法人中央コリドー情報通信研究所は、平成30年11月30日に新宿区立新宿文化センターにて、多言語翻訳・生涯学習・ドローン セミナーを開催予定しております。是非ご参加ください。

日時 2018年11月30日(金)13:30〜18:00
場所 新宿文化センター 4F 第1会議室
主催 S・I・Sフォーラム
     株式会社日本コスモトピア
株式会社光電製作所
     NPO中央コリドー情報通信研究所
協賛 キッセイコムテック株式会社

1.開会挨拶 (13:30〜13:35)
  NPO中央コリドー情報通信研究所副理事長 甕 昭男 氏
2.多言語翻訳サービス本格サービス開始 (13:35〜15:05)
  ● S・I・S戦略   
   S・I・Sフォーラム会長
   スマートカルチャーゲートウェイ株式会社社長 内田 清志 氏
  ● 言語翻訳のビジネスモデル
   スマートカルチャーゲートウェイ株式会社副社長 高岡 幹 氏
   S・I・Sサービスデモ
〜 休憩 〜 多言語ロボット 実演紹介 (15:05〜15:15)
   株式会社見果てぬ夢
3.地域から創造する生涯の学び (15:15〜16:15)
  株式会社日本コスモトピア代表取締役社長
  一般社団法人自立学習推進協会代表理事 下向 峰子 氏
4.新型ドローンの開発とIoT (16:15〜16:55)
  株式会社光電製作所代表取締役社長 加藤 毅 氏
〜 懇親会 〜 於 2F レストラン (17:00〜18:00)

posted by CCC21 at 15:01| Comment(0) | 活動報告

2018年07月11日

平成30年度総会を開催しました。

NPO法人中央コリドー情報通信研究所は、平成30年7月11日に新宿区立新宿文化センターにて、平成30年度総会を開催しました。
 総務省から中溝和孝・情報通信国際戦略局 通信規格課 課長、山下朝文・関東総合通信局 情報通信部 部長、鈴木厚志・信越総合通信局 情報通信部 部長のご出席をいただき、代表して中溝通信規格課長よりご挨拶をいただきました。
 議事は、議長に選出された伊藤理事長により進行され、第1号議案 平成29年度事業報告書(案)、第2号議案 平成29年度決算報告(案)、第3号議案 役員選任の件、第4号議案 平成30年度事業計画(案)、第5号議案 平成30年度活動予算書(案)、第6号議案 総会議事録署名人の選任の件の6議案され、いずれも原案通り承認されました。
 本総会終了後、中央コリドー高速通信実験プロジェクト推進協議会との共催で、講演会を開催し、翁長久・総務省国際戦略局宇宙通信政策課長が「宇宙×ICT」と題して講演されました。
総会_20180711.jpg
posted by CCC21 at 00:00| Comment(0) | 総会開催について